農村文化伝承館 山本家

「山本家」は今から230年ほど前の江戸時代後期中頃の様式で建てられた古民家です。当家9代目の当主「山本恵通」氏が昭和62年に、この建物を当時の宇奈月町(現在は黒部市)に寄付し昭和63年に「農村文化伝承館」として、かまどを使った自炊等、古き懐かしい農村の素朴な生活を体験する貴重な施設として利用されています。

宿泊


古民家の広々とした和室で宿泊できます。

お食事は提供しておりませんので、自炊もしくは持込・外食となります。

風呂場はありますが近隣に天然温泉施設もございます。(明日山荘さか栄、バーデン明日)

空調設備はございません。扇風機・ファンヒーターをご用意しています。

日帰り


会議・会合・談話等での会場として利用できます。

鍋・ガスコンロを使って調理することも可能です。いろり・かまどを使うこともできます。

いろりは薪ではなく炭を使用するため(持参歓迎)、火力が強くないので調理には向きません。調理の温めに向いています。

希望があれば、いろりの火で温めたお茶をご用意いたします。

 

見学


この山本家には、明和6年当時の書類が残るなど240年以上前からここに定着し、タバコ・養蚕の振興や肝煎(キモイリ)、戸長、郡会議員など政治面にも関与し、寺子屋教育に努力し郷土の発展に寄与していたことがうかがえる。

2階展示室には昭和初期に実際に使用していた日用品・農機具などの展示があります。



アクセス


・北陸自動車道 …黒部I.C、朝日I.Cから車で約20分

・北陸新幹線 …黒部宇奈月温泉駅から車で約20分

・あいの風とやま鉄道 …黒部駅から車で約25分

・富山地方鉄道 …愛本駅から徒歩約40分 車で約5分

・黒部峡谷鉄道 …宇奈月駅から車で約15分

・道の駅「うなづき」まで車で約10分

・道の駅「生地」まで車で約30分

・宇奈月温泉街まで車で約15分